人気のメッセージ


バラと指輪手軽に利用できる結婚指輪のアレンジサービスは、内側に刻印を入れるのに利用する人が多いです。ショップによっては、結婚指輪を購入した人への特典として、刻印を低額で行っているところもあります。結婚指輪の内側に入れる刻印は、ふたりの名前イニシャル結婚した日付が定番です。

愛の言葉を選ぶこともありますが、この場合どんな言葉にしたらいいか迷った時は、おすすめフレーズを参考にしてみてはいかがでしょうか?結婚指輪の内側に入れる人気のフレーズとアレンジ方法を紹介します。

結婚指輪の内側にはふたりの名前やイニシャル、結婚した日付を刻印するのがマストです。例えばA&Bというようにイニシャルを並べてもいいですし、AtoBなどにすることもできます。&やtoの部分にプチダイヤモンドを入れてもおしゃれですし、英語やフランス語など日本語以外の言語で愛の言葉を刻印するのも人気となっています。

刻印で定番の愛の言葉といえば、永遠の愛です。英語ではForever Love、イタリア語ではEterna、フランス語ではPour Toujoursになります。言語を変えるだけでも気分が変わりますが、ショップによっては文字に制限があるので、制限内に収まるように文字数を考えておくのも大切です。スペルミスがないようしっかり確認しましょう。

推奨リンク・・・結婚指輪のアレンジ「ガラ おかちまち」
(アレンジサービスを行っているジュエリーショップのサイトです。)

内側に刻むメッセージ


結婚指輪のアレンジサービスで一番多いのが、指輪の内側に入れる刻印です。多くの場合結婚指輪はシンプルなデザインが多くなるので、見た目にはどれも同じような印象に見えてしまいがちです。しかし刻印は2人の名前や、結婚した日付、愛の言葉など2人しか知らない内容となっているので、ほかの人と似たデザインの結婚でも、内側のデザインはそれぞれに異なっています。

指輪仕事柄あまり派手なデザインの結婚指輪はできないという人でも、刻印以外にミル打ちをプラスすれば、見た目はほとんど変わらないのに、クラシカルな印象に変えることができます。縁に細かい点を刻印するので、立体的に見せることもできます。結婚指輪は付ける派だけど、ピカピカしてしまうのは嫌というなら、マット加工をすれば艶が消えて上品な印象になります。

逆にツヤを強調するミラー加工というのもありますから、アレンジサービスはお好みに合わせていろいろな種類が選べます。ミラー加工はとても綺麗に輝きますが、傷が目立ちやすいです。マット加工の方が傷は目立ちにくいかもしれません。日常的に身につけている人は、マット加工を選ぶ人が多いようです。アレンジを組み合わせることもできますので、自分の好みの結婚指輪が作れます。